ステップ6:販路はアマゾンがいい理由【最初から外注できるからです】

せどりを始める上でどの販路で販売するかを決める

必要があります。

多くの販路がある中で僕はアマゾンを使うのをおすすめ

しています。

その理由について説明します。



集客力

アマゾン の集客力はかなり強いです。


他の販路だと売れない商品でもアマゾンだと売れる商品

はかなりの数あります。


自分で販売を行う場合はここの集客の部分を広告使ったり

する必要がありますがアマゾンで販売する場合は不要です。

費用面はもちろんですがここの集客部分をアマゾンに外注している

形になってここに時間が取られないのも大きなメリットになります。



楽天とメルカリも集客力がありますが、

楽天の場合月額5万くらいかかるので取り組むハードルが高いです。

メルカリの場合は安さを最大限アピールした集客方法なので

高値で売りにくくなかなか大きな利益を得にくいです。


このように集客力が強いどうしで比較してもアマゾンはおすすめできます。

カタログを作る必要がない

どの販路でも商品ページは自分で作る必要があります。

これはヤフーなどのネットショップやメルカリなどのフリマ

共通です。

ですがアマゾンの場合はこの商品ページ作成が不要になります。

既に出品ページがあってそこに自分の商品を載せるような感覚で

販売できます。

この辺りの細かいやり方はまた別で説明します。

FBAを活用できる【最大のメリットです】

FBAとは梱包・発送・カスタマーサポートなどの業務を全てアマゾンが代行してやってくれるサービスの事です。

最初に アマゾン に商品を一括で納品すれば、その後は アマゾン が全ての業務を行ってくれます。

言い換えるとFBAを使うことで梱包・発送・カスタマーサポート を外注できるということですね。


このサービスがあるので他の販路ではなく

アマゾン販売から始めるのがおすすめになります。

情報が多い

販売にあたってわからないことがあった際に調べると多くの情報が出てきます。


基本的なやり方や売れやすい商品、規約の変更など、行き詰った際に調べると

情報に助けられるケースも多々あります。


情報が多すぎて何を信じればいいかわからないといったデメリットもありますが、

取捨選択ができるのは情報がないよりやりやすいです。

ツールやアプリが充実している

アマゾン販売を便利にするためのツールやアプリがかなりの数あります。

アマゾン納品の代行会社も多数ありますし、スクールやコンサルの募集も

多くあります。

これは他の販路と比べて断トツで多いので環境を整えたり、販売を効率化

させやすいです。


僕は最初にアマゾンから初めてヤフー・Q10・ebayなど取り組んでいったのですが

ツールが少なかったり情報が出てこなかったりしてかなり苦戦したので、

今考えてもこの辺りはアマゾンが優れていると思います。

まとめ

以上になります。

書ききれなかった販路が多くありますがその辺りはまた別の機会に

書いていくようにします。

ただFBAのような作業を任せることのできる販路はないのでどの販路

と比較しても最初はアマゾン販売から入るべきという結論になります。

具体的にどのように販売するか、必要なものなどは次回以降に説明します。


次のステップはこちらからどうぞ^^

https://third-way3.com/third06/

☆ライン@無料登録で3万円利益分計50リストプレゼント中☆

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です