ステップ4:せどりをする上で決めること①【扱う商品編】

今回はせどりを行っていく上でどのような商品を

扱うべきかについて説明します。

〇〇という商品を扱った方がいいといったような具体的な

話ではなくもっと大前提の方針決めの説明になります。


新品か中古か

結論から言うと新品が圧倒的におすすめです。

中古の良いところもありますが、

・目利きが必要
・同じ商品を複数個集めることができない
・返品が多い
・検品が必要
・出品時に写真やコンディション説明が必要
・人に任せにくい

これらのデメリットがあり、逆に新品の場合は
上記のデメリットがないです。

またアマゾンの場合新品と中古が同じ商品ページになるので
新品の出品がある状態で中古を出品するとかなり売れ行きが
悪くなります。

なので基本的に新品がいないとこを狙っていく必要があるんです
けど新品はこういうの考えなくていいからやりやすいです。

また2番目の複数個集めるというのができないのもかなりデメリット
です。

例えば1個2000円利益が出る商品を見つけて100個集めることが
できたらこの商品知識だけで20万の収益になります。

中古の場合 1個2000円利益が出る商品を見つけても同じ商品が
存在しないので毎回新たな商品を開拓していく必要があります。

これらの要素があるので最初は新品をおすすめします。

単一ジャンルかオールジャンルか

どのようなジャンルの商品を扱うかですが、こちらも

結論から言うとオールジャンル(全ての商品カテゴリ)を

扱うようにしたほうがいいです。

理由はアマゾンの場合専門店化するメリットがないのと、
データの見方がどのジャンルの商品も同じなので、

データの見方さえわかれば扱ったことのないジャンルの
商品でも仕入れて売れるかどうかわかります。

なので最初はオールジャンルをおすすめします。

低単価か高単価か

ここは上の専門店化する必要がないという話と繋がりますが
特に特定の価格帯にする必要はないです。

ただ最初は10万以上の商品等を仕入れるのは売れ残ったら
怖いと感じると思うので、

安い商品から仕入れていって徐々に高値の商品を
取り使うようにしていくといいと思います。


まとめ

以上になります。 決めることはまだありますが
今回の内容を決めておけばひとまず大丈夫です。

また別の記事で今回書ききれなかったその他の
方針決めの内容を解説しますね。


次のステップはこちらからどうぞ^^

https://third-way3.com/third04/


☆ライン@無料登録で3万円利益分計50リストプレゼント中☆

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です